ひざの痛み

  • 歩くのが辛い
  • 階段がつらい
  • ひざが痛いのは加齢のせいだと思っている
  • ひざが痛いから無理に動かさないでいる
  • ひざが悪いから手術しかないと考えている

ひざが痛い人に必要なのは自分で解消できる方法

はじめに

ひざの痛みで困っている人に必要なことは、ひざが痛まない姿勢動作エクササイズなどのアドバイスです。さらに日常生活の中でかかる、ひざへの負担にどのように対処したらよいかといったアドバイスです。当院は、マッケンジー法を使いひざの痛みを解消していきます。

小児のひざの痛み

オスグッド病・スポーツ損傷、障害による痛み

 

 

 

 

 

 

成人のひざの痛み

 

変形性膝関節症・スポーツ損傷・障害による痛み

 

 

 

 

 

 

ひざの痛みの原因

突発的なひざの痛み・運動不足・不適切な姿勢による負担・体重の増加・下半身のゆがみ・腰が原因の痛みなど

施術の目的

○ 痛みを解消すること

○ 日常生活で十分使える柔軟で強いひざにすること

マッケンジー法の効果は?

2017年 変形性膝関節症のガイドラインマッケンジー法は強く推奨されています。

 

 

 

 

ひざの痛みで腰椎から評価するのはなぜですか?

南新宿整形外科の研究で、ひざの痛みがある方に腰椎のアプローチをすることで改善した方が約45%という研究結果が出ています。
当院でもひざの痛みがある方の約半数は腰椎へのアプローチで改善しています。
そのようなことから当院は、ひざの痛みであっても腰椎から評価を行なっています。

 

マッケンジー法は短期間で痛みが解消する!?

ひざの痛みがある方をマッケンジー法で施術を行なった際に、痛みが短期間で明らかに解消(1ヶ月以内50%以上痛みが改善)する人の割合は約80%にのぼるという研究結果もあります。

 

 

 

まとめ

当院は、ひざの痛みをマッケンジー法で評価して効果的なマネジメントをおこなっています。

世界中で活用されているマッケンジー法を、国際認定セラピストがしっかりとアドバイスを行います。

マッケンジー法以外にも、特殊電気施術や鍼灸によるアプローチも行なっています。まずは、自分自身で解消できる方法を身につけましょう!