マッケンジー法

  • 腰痛・背部痛・ぎっくり腰を繰り返し起こしている
  • 首痛・首コリ・肩こり・頭痛が解消しない
  • 肩や肘、手の痛みが解消しない
  • 股関節、膝、足の痛みやしびれが解消しない
  • 筋肉や腱の問題が解消しない

その痛みやしびれは、マッケンジー法で解消できるかもしれません!

マッケンジー法とは?

マッケンジー法とはカラダを動かして、痛みなどがどのように変化するかをみたり、患者さんに合わせた生活指導エクササイズを行う施術方法です。

ニュージランドの理学療法士ロビン・マッケンジーによって1950年代に考案されて以来、世界中で広く活用されています。

 

マッケンジー法と他の施術法の違いは?

適切な評価と分類を重要視している

反復運動を活用する

エクササイズを活用する

必要により徒手療法を行う

 

マッケンジー法は、「治してもらう」とういう受け身の考え方ではなく、「自分で治す」とういう積極的な考え方を取り入れています。

マッケンジー法による施術の流れ


①評価:カウンセリング・検査

マッケンジー法は、まず困っていることについて詳しくお話を聞かせていただきます。

つぎに動きや姿勢の検査を詳しく行います。

この詳しいお話と、動きや姿勢の検査をもとに、あなたの問題がどういうタイプなのかを判別していきます。

②施術

検査で得られた情報に基づいて、施術が行われます。
日々の生活で注意すべき姿勢のアドバイスや、自宅で簡単にできるエクササイズの指導などを行います。

③再評価

施術の効果を判定いたします。効果があれば、施術方針が決定します。効果がなければ、別の方法などを検討いたします。

④再発予防・機能回復

困っている症状が改善されたら、再発の予防を行い、機能の回復を行なっていきます。
その後は、メンテナンスのための通院もしくは卒業となります。

マッケンジー法のメリット

安全である

自分で改善できるようになる

短期間での改善が期待できる

マッケンジー法は、自分自身で動かすことから始めます。
弱い刺激から行いますので安全です。
また、どうしたら悪化するのか、どうしたら良くなるのかをわかりやすくアドバイスいたします。

老子の格言にある「人に魚を与えれば1日食べてしまうが、魚の釣り方を教えれば一生食べていける」という考え方があります。

マッケンジー法では、痛みを一時的に取ってあげるのではなく、痛みを使いこなす方法をお伝えしセルフマネージメントできるようになっていただきます

独特な評価方法で、痛みの中央化現象が起こると早期に改善できる可能性が出てきます。
無駄な通院をなくし、根本的に改善したい方にオススメの施術方法です。

マッケンジー法に関する研究

腰痛編

・急性・亜急性・慢性腰痛に対するマネジメントとしてガイドラインで推奨されている

分類の信頼性は高い

画像検査件数、ブロック注射件数、手術件数を減らすことが期待できる

医療コストの削減が期待できる

恐怖回避思考、自己効力感、不安、心理学的苦痛の改善が期待できる

マッケンジー法は、腰痛のマネジメントにおいて、もっとも多く研究対象とされている体系の一つであります。

これまで改善しなかった首・腰・肩・膝などの痛みやしびれなどの症状は、マッケンジー法で改善できるかもしれません。

一度当院までお気軽にご相談ください。

最新の研究情報は国際マッケンジー協会のホームページを参照ください。