腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰椎部の脊柱管や椎間孔と言う部位の狭小化により、神経組織の障害あるいは血流の障害が生じ、症状を呈すると考えられています。

脊柱管狭窄症の特徴

①背筋を伸ばして立っていたり、歩いたりすると痛みやしびれが出る

②長い距離を続けて歩くことができない

③休憩をするとまた歩けるようになる

④腰の痛みはあまり強くない

⑤安静にしている時は症状がない

⑥前かがみで症状が軽減する

⑦自転車を使うと症状がないなど

脊柱管狭窄症の診断基準 

腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン2021より

殿部から下肢の疼痛やしびれを有する

②殿部から下肢の症状は、立位や歩行の持続によって出現あるいは増悪し、前屈や座位保持で軽減する

腰痛の有無は問わない

④臨床所見を説明できるMRIなどの画像で狭窄症所見が存在する

脊柱管狭窄症の保存治療

①薬物治療

②ブロック療法

③コルセット

④物理療法

⑤運動療法

脊柱管狭窄症の手術治療

保存治療無効例に対して手術治療が検討される

当院の施術内容

骨盤矯正を受けている女性のイラスト当院では、脊柱管狭窄症であってもマッケンジー法で評価を行います。まずは安全性を評価し、姿勢やエクササイズに反応があるかどうかを調べます。姿勢やエクササイズに良い反応がある場合は、セルフマネジメントに活用します。また、ご希望に合わせて鍼灸マッサージも行なっています。その他に電気治療、超音波療法などを症状に合わせて行います。脊柱管狭窄症の予防に運動療法は重要となります。適切にカラダを動かして症状の改善と予防につなげていきます。